経験者が語る理学療法士の訪問リハビリへの転職「訪問看護ステーションの選び方と求人の探し方について」

転職、訪問リハビリ


私は理学療法士として以前回復期の病院で5年働き、訪問看護ステーションの訪問リハビリに転職しました。

どういった点に注意して転職先の訪問リハビリを選んだのか、具体的にご紹介します。

スポンサーリンク


訪問リハビリって実際どうなの?

理学療法士として、転職先をどこにしようか悩んでいる方で、

  • 「訪問リハビリってちょっと良さそうだな」
  • 「どんな感じかな?」

と思っておられる方は、こちらの記事に訪問リハビリの内容について詳しく記載しています。

まずはこちらに目を通して頂くと以下の文章が理解しやすいかと思います。

 「訪問リハビリとは?」実際に訪問リハビリを行っている理学療法士が詳しく解説します。

 

回復期病院からの転職を検討されている方はこちらの記事に詳しくその違いを書いています。

 訪問リハビリと回復期病院でのリハビリの違いについて「活動・参加に焦点を当てたリハビリとは?」

 

さらに、新卒の方で訪問リハビリへの就職を検討されている方に向けての記事も書いていますので、対象の方はご確認ください。

 新卒理学療法士がいきなり訪問リハビリに就職するのは、リスク管理ができないから辞めた方が良い?

まず、転職する目的を明確にする

なぜ訪問リハビリに転職したいのか?

まず転職の動機を明確にしておかないと、転職の成功はありえません。

 

職場を変えるという事は、本人にとっても大変労力の必要なことですし、ある程度職場の同僚や周りの方に迷惑を掛けてしまう面もあります。

 

ないとは思いますが、

  • 「飽きたから」
  • 「何となく」

このような理由で転職しても、先の職場でも同じことを繰り返すだけです。

 

はっきりと、転職先に自分が求めることを明確にしておきましょう。

 

例として、訪問リハビリに転職しようと思っている方は、

  • 訪問リハビリの勉強がしたい(今後発展していくであろう地域リハに興味がある)
  • 給料が良いところに移りたい

などの理由が多いと思います。

※)地域リハについて詳細はこちら「リハビリはこれからどうなっていく?未来のリハビリテーションの形「地域リハビリテーション」とは一体なんなのか?

 

他にも、

  • 望む環境で働きたい(現在の職場で環境を変えようと努力したが難しかった)

などがあると思います。

 

この後者の理由は一見すると消極的に捉えられがちですが、私は考え方次第ではそうでもないと思います。

 

組織を変えていくには非常に大きな労力が必要です。時間も掛かります。私達従業員の力では変えられないことも多いでしょう。

 

ならば、さっと諦めて、自分が望むものが初めからある職場に移ってしまった方が、自身の時間や労力も無駄になりませんし、周りの人との無益な衝突も避けられます。

とにかく、何となく転職をするのではなく、絶対に目的を持って転職することが必要だと思います。

訪問リハビリの勉強がしたいと思って転職を検討している場合

  • 訪問リハビリの勉強がしたい。
  • 地域に自身の活動の幅を広げていきたい。

そういった希望がある方は、極論を言ってしまうと、訪問リハビリ事業を展開している事業所であれば、どこでも目的は達成できると思います。

 

なぜなら、どこに行っても「結局は自分次第」だからです。

 

訪問リハビリをしていると、

  • 福祉用具の事業所
  • ケアマネージャー
  • ヘルパー
  • 施設職員
  • 居宅介護支援事業所

など、様々な分野の事業所や人と関わることになります。

 

そのなかで、療法士の専門性を活かしてセミナーをして欲しいとか、集まりに参加してほしいなどの声掛けをして頂ける場合があります。

 

そういった活動を通して、地域で実際に動いていくことで、地域の実情というものが初めて腑に落ちて勉強できます。

訪問リハビリで他職種の方や事業所と関係性をしっかりと築き、人との出会いの繋がりで机上では学べない深い勉強ができます。

 

訪問リハビリの実際の内容は、病院のリハビリの知識がべースとなります。

やっていることはそう大きく変わりません。

 

ただ、よりリアルな患者さんの声が聴けたりします。

よそ行きではない「本当の生の声」です。

 

そういった経験が一番の勉強になると思います。

 

なので、訪問リハビリの勉強がしたいと求人を眺めて転職を検討されている方は、ぜひ、転職後にはもっと視野を広げて、患者さんだけでなく、他の人との関係性や繋がりを大切にしてほしいと思います。

それが一番の勉強になるのではないでしょうか。

給料が良いところで働きたい!

転職、訪問リハビリ

でも、同じ訪問リハビリをするなら、給料が良いところで働いた方が良いと思います。

実際、給料が良いところに転職したいと考えて給料ばかりを求人欄で見ている方も多いと思います。

 

リハビリ職で給料の話をすると、嫌悪感を持たれる方も多いかもしれませんが、家庭がある療法士なら給料は子どもの将来にも関わる非常に大切なことです。

 

何も悪いことではありません。

むしろ給料は転職を検討する際には計画的にしっかりと考えておくべきことです。

 

給料が良いところで訪問リハビリサービスを展開しているところなら、訪問看護ステーションがオススメです。

病院に併設しているタイプの訪問リハビリステーションでは、病院運営のための膨大なコストが掛かるため、売り上げのうち人件費に割ける割合が低くなりがちです。

よって給料もあまり貰えない可能性が高いです。

※)なぜか?こちらの記事に詳しく記載しています。「なぜ理学療法士は給料が少ない?」理学療法士の給料が支払われる仕組みについて解説

 

よって、給料が良いところの転職を検討しているなら、訪問看護ステーションを選ぶと良いでしょう。

(ちなみに私もそうしました。)

 

といっても、訪問看護ステーションにも色々あります。

 

どういったところに注意して求人欄を眺めると良いのでしょうか。

まず、給料体形を確認する

訪問看護ステーションの給料体形には、

  • 歩合制
  • 月給制
  • 歩合制+月給制

などがあります。多くは月給制です。

私が今働いている訪問看護ステーションでは、自身で給料体形を歩合制にするか月給制にするか選ぶことができます。

月給が歩合制の事業所に転職する場合に確認しておくこと

歩合制だと、訪問リハビリ一件あたり3~4千円程度報酬が頂ける場合が多いと思います。(もちろん今後の診療報酬の増減に比例して増減するでしょう。)

 

単純計算で、1日7件訪問すると仮定すると、1日で2万程度、週5日勤務で月40万円になります。

「凄い!」と思いますが、実際はこんなに回れない可能性が高いです。

 

なぜなら、一件行った後に次のお家まで移動するのに40分、1時間掛かる場合も多いからです。

さらに、常に1日7、8件を1人の療法士に割り振られるほど利用者を抱えている事業所も少ないと思います。

 

大体40分の提供時間の訪問リハビリが多いのですが、20分位の移動時間で回れないと1日に7~8件回ることは難しくなる計算になります。

 

よって、希望する訪問看護ステーションの職場が歩合制の場合、その地域でどの程度のシェア(抱え込んでいるお客さん)を持っているか?を確認することが非常に大切です。

 

地域によって異なりますが、おおよその目安として、

  • 「所属事業所の地域のシェア=利用者の多さ=移動時間の短さ」

になります。

 

所属事業所の地域でのシェアは、歩合制の場合、給料に直結します。

 

ぜひ、面接の際か電話で問い合わせて聞いておきましょう。

私も聞きましたが、答えてくれるところも結構ありました。

 

もし、答えてくれない場合や事業所も把握しておらず、不明な場合は、その事業所が訪問リハビリ事業を開始してどれくらいの年数が経っているのか確認して下さい。

 

その地域でのシェアは事業の継続年数におおむね比例します。

 

運営年数の長い訪問看護ステーションでは、2000年の介護保険が始まったと同時期に事業開始しているところも多いので、そういった事業所なら対象地域でほぼ確実に大きなシェアを持っています。

 

なぜなら、その地域でシェアが拡大できていないなら、もうとっくに潰れてしまっているはずだからです。

最低でも2年以上は経営が続いている事業所にしましょう。

 

最近訪問リハビリ事業を始めたところは、古参の訪問看護ステーションが入っている地域に後から入っていく形になるので、どうしても訪問するお宅が飛び飛びになったり、点在していて移動に時間が掛かる可能性が高いです。

経営も安定していません。

(もちろん絶対にそうとはいえませんが。あくまで確率論です。)

移動手段も給料に影響します

あと、歩合制の事業所では、車で訪問できるのか確認しておくと良いでしょう。

 

自転車だと近い距離でも多くの件数を回ることはできませんし、原付き(原チャリ)だと夏の暑さと冬の寒さは非常に辛いです。

もちろん雨の日もキツイです。

 

初めのうちは何とかモチベーションを保って訪問することができますが、一年も訪問リハビリをしていると、絶対に雨の日とか「もういや・・」って心底思うようになります。笑

 

できれば車で訪問先を回ることができる訪問看護ステーションが良いと私は思います。

給料の変動が少ない訪問看護ステーションを選ぶコツ

ご存じのとおり、私達リハビリ職は、給料と診療報酬がほぼリンクしています。

今後、確実に診療報酬は下がっていくので、給料も減っていく可能性があります。

 

それでも、給料の増減が比較的緩やかな職場もあります。

 

それは、他の介護保険事業も展開していたり、手広く保険・医療関係の事業を行っている事業所です。

 

「他の介護保険事業も展開している」というのは、

  • 訪問介護ステーション
  • 福祉用具貸与事業所
  • 特養などの施設系の運営
  • 通所介護
  • 居宅介護支援事業所

などの事業展開も行っている会社・組織ということです。

 

小さな新規の訪問看護ステーションだと、訪問看護サービスで訪問看護と訪問リハビリしか行っていない場合もあります。

 

そういった事業所は例え今は給料が良くても、診療報酬が下がると影響をモロに受けます。

 

事業だけでなくても個人でも同じですが、収入源が分散しているとリスクヘッジになり、時代の流れのマイナスの影響を受けにくくなります。

 

 

訪問看護の訪問リハビリの診療報酬が急激に下がっても、例えば他の訪問介護(ヘルパー)などの収益があれば、ある程度カバーすることもできますよね。

 

そういった会社で、居宅介護支援事業所がグループ内にあれば、そのケースから訪問リハビリの依頼が来ますし、そちらでも利用者を獲得するために営業的なことに尽力しているはずなので、地域でのシェアも拡大しやすい傾向があります。

※)居宅介護支援事業所=簡単にいうとケアマネが居て、ケアプランを作成している事業所

 

手広く、多角的に介護保険事業を行っている会社の方が比較的経営としては安定している可能性が高いと思います。

代表者や重役の職種も確認しておくと良い

訪問看護ステーションの場合、看護師さんが社長の場合と、療法士が社長の場合が多いと思います。

そして、看護師さんが社長の場合、重役も看護師さんが多い・・。

療法士の場合も同じです。

 

これが何を意味すると思いますか?

 

経験的に、看護師さんが社長の場合、療法士のその組織での立場は比較的低い場合が多いように思います。

職種に上だ下だ、などという上下関係は本来ありませんが、そういった組織の場合は、療法士の意見が通りにくかったりします。

これは本当に裏情報です。笑

たぶん、本当に訪問看護ステーションに転職した人しか知りません。

 

 

できれば話を聞いてもらえる職場の方が働きやすいですよね。

 

療法士が訪問看護ステーションに就職・転職する際には、社長や重役の職種が何か?を調べておくと、その組織での「療法士の立場の強さ」がある程度推測できます。

 

実際私はそれも調べて今の会社に転職しました。

私の転職先は社長を始め重役は療法士ばかりです。

 

思った通り、療法士の立場が強く、あまり良いことではありませんが、他訪問看護と比べて看護師の離職率が比較的高いです。

すごく療法士を大切にして頂けていると感じています。

訪問リハビリの今後の可能性も一応考慮しておく

上述の理由から、現在、訪問リハビリへの転職は訪問看護ステーションをお勧めしますが、もちろん、今後はどうなるか分かりません。

 

これはいくら考えても誰にも分からないので、個人的にはあまり考え過ぎる必要はないと思っています。

考えすぎて動けなくなるよりも、早く行動してしまう方がよっぽどメリットがあります。

 

結局これからの時代は何事においても変化が速くなるので、素早く動ける人が有利になると私は思っています。

 

さっとある程度考えたら即行動。

ダメだったらまた反省点を踏まえ、軌道修正していくのが良いと思います。

 

今後の時代の変化の速度についていくには、普段からある程度先の情報収集をしておき、少し流れが変わったら自分の感覚を信じて飛び込む。

そうやって、自身の環境を変え続けていくしかないでしょう。

 

昔は「変化しないこと=衰退だ」などと言われましたが、今では「何かあったら変化する」だけでは遅すぎます。

 

先読みして常に流動的に、変化し続けることが必要だと思います。

 

 

一応、私が訪問リハビリの今後について考察した記事を過去に書いているので、良ければこちらも参考にしてみて下さい。

 2018年医療・介護診療報酬同時改正で訪問リハビリの診療報酬はどう変わる?

スポンサーリンク

まとめ

まとめます。

訪問リハへの転職を考えている療法士の方で、給料を重視される場合には、病院併設型の訪問リハビリステーションではなく、訪問看護ステーションを選び、

さらに、

  • 地域のシェアがある(昔から訪問看護サービスを行なっている)
  • 多角的な事業展開を行なっている
  • 社長や重役に療法士が多い

ところを選べば、給料も比較的良く、給料変動が少なく、働きやすい職場である可能性が高いでしょう。

 

さらに、古参の訪問看護ステーションでは、市町村や自治体、地域のNPO法人とも繋がりがあることが多く、そことの関係性を利用して、自身の地域での活動の幅も広げやすいです。

これは本当の生きた勉強になります。

 

私は実際にこれらの基準を満たした訪問看護ステーションへ転職し、友人も1人引っ張り込みました。笑

そして、2人とも大満足の転職になっています。

 

最近ではリハビリ職専門の求人サイトも沢山あります。 私も転職する時には全て登録して良い案件を探しまくりました。

以下にご紹介しておきます。

本当に5分もあれば全てのサイトに登録できます。

 

これらのサイトは今までの求人サイトとは違い、それぞれサイトに登録すると担当エージェントが付き、転職に必要なサポートをしてくれます。(もちろん無料です。)

これからの時代はこれですよ!本当に。便利に活用して下さい。

 

 リハビリ職専門の転職支援サイト

1.メドフィット

2.PTOTST専門転職支援「リハビリのお仕事」

3.理学療法士で転職するなら理学療法士WORK

4.マイナビ医療介護

※各転職支援サイトの違いの詳細はこちらに詳しく書いています。 理学療法士のための転職サイト・求人の探し方「転職する時は誰に相談したら良いの?」

 

もし、訪問リハへの転職で悩んでいるなら、当ブログのお問い合わせフォームから直接私にご相談下さい。

 

何でも私の分かる範囲でお答え致します。

いつもこのようにブログに書いても問い合わせが殺到することはまずないので、素早く返信出来ると思います。笑

 

今回の記事が訪問リハへの就職、転職で悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

                          

検索

2件のコメント

  • テンプラ

    こんばんわ。ほぼ全ての記事を読ませていただきました!当方、若輩者ながらも核心を突いていると感じました!本当に勉強になりました。
    訪問リハビリについても自分の経験を活かせる場なのだと感じました。
    自分のキャリア形成に不安を感じたのですが、質問や相談に乗っていただいてもよろしいでしょうか。

    • hideyuki

      こんばんは!もちろん、できる限りお応えさせて頂きます。

コメントを残す