ブログとネットの今後「個人がデジタルコンテンツを販売することが一般化する」

デジタルコンテンツ


これからのブログ運営とネットの将来について考察しました。

スポンサーリンク


ブログ運営はすごく楽しい!

私はこのブログを始めて2年ちょっと経過しましたが、ブログ運営はやっぱり良いです。間違いなく。

まず、ブログを書くためにインプットする情報量が膨大に増えました。

初めの頃は、「何か書かないと・・」と思って、ネタ探しのためにネット・本で情報収集していましたが、今ではもうこれは完全に”癖”になっており、何の意識も抵抗もなく、日常的にインプットし続けることができます。

これを続けていると、インプットするスピード(欲しい情報を探したり、テキストを読む時間)も格段に速くなって自分でも驚くくらい。ほぼ無意識で知らない内に色々調べていたりします。

また、上手くやればちゃんと収益も出るので、ブログ開始前の細々としたお小遣い生活(月2万円)と比べて、格段に自分で使えるお金が増えました。笑

これはつまり、自己投資できるお金が増えたということで、好きな本をすぐに買ったり、セミナーに速攻で申し込めたり、自分の成長をさらに加速させることができます。

また、ブログを通して様々な素敵な方々と出会い、一緒にお仕事をさせて貰えるようになりましたし、書籍も出版できました。

 絶賛発売中!書籍「100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方」西野英行著(ついでに宣伝です笑)

 

数え上げればキリがないくらいメリットがありますが、個人的にはなんたって情報処理力が格段に上がることが一番分かりやすいメリットかなと思っています。

「インプットもアウトプットもちょっと負けへんで!」と胸を張って言えるレベル。

マネタイズ(収益)に関して思うこと

私のブログ収益は、多くの方がそうであるように、Googleアドセンスとアフィリエイトがメインです。

これがなかなか、正直、いまいちだなぁ・・・と思っていて、どちらも検索エンジンに依存して収益を上げます。(SNSでもできると思いますが、メインはあくまで検索流入)なので、競合を常に意識しないといけないし、気を抜くと徐々に検索順位が下がり、それに比例して収益も下がってしまいます。

アドセンスはPV集めのノウハウ系記事と相性が良く、量産すれば確実に収益が上がりますが、あまり大した金額になりません。実際私のブログで月10万円もありません。(-_-)

だし、アドセンス収益増収に必須の、ノウハウ系の記事執筆は作業的要素が強く、正直あまりワクワクしません・・・。

 

アフィリエイトは売るものが結構限られてるし、ASPという、み~んな使っているプロバイダ-の案件を扱うので、どうしてもパイの取り合いになります。ダイエット関連とかまさにそんな感じです。

本職のアフィリエイターなんて、えげつない作業量をこなして超超競争状態。毎日必死なはずです。

※)ASPって何?って方はこちら副業ブロガーが初めに登録しておくべきおすすめのアフィリエイト鉄板ASPを厳選紹介+アフィリエイトのちょっとしたコツ

 

こういったことを考えていると、やはり、広告メインの収益モデルには限界があるな~と思う訳です。所詮、他人の商品を売っているような状態なので色々限界があります。

だいたい、実社会で競争するのが「効率悪い」と思ってブログ運営というニッチなことを真剣にしているので、アドセンスやアフィリエイトでいつまでも競争してたんじゃあんまり意味ないなと思う訳です。

これからは独自のデジタルコンテンツをメインに売る時代!

ネット界の移り変わりはすごく早いです。私がブログを始めた2年前とは全然景色が変わっています。

つまり、ブログでしっかりと収益を得たいなら、意図的かつ戦略的に、時流に合わせてやることを変え、試行錯誤しながら収益を増やしていく意識が必要だと思います。

で、私が絶対にこれから来るな~と思っているのが、個人レベルでの独自デジタルコンテンツの販売です。きっと、自分で商品を作ってみんな売り出します。ほぼ間違いない。

 

今でもアーリーアダプターは個人レベルで販売を始めていますが、誰も彼も、というくらい一般化していくのではないでしょうか。

”デジタルコンテンツ”と言うとパッとイメージしにくいかも知れませんが、文字、音声、動画、サイトなど、なんでも良いのです。つまり”独自の知識や体験”を電子コンテンツに加工してネット上で売るということです。

これのメリットは、アフィリエイトと同じように原価も在庫もゼロというだけでなく、売るモノに制限がなく、価格も自由に決められる、ということです。

お金のなる木と言っても過言ではありません。

誰もが自分の武器を売る時代になる

自分には売るほどの知識や体験はないな・・と思う方も多いと思いますが、みんな絶対に売れるものがあります。本当に考え方次第。これは断言できます。

  • 人に褒められたことや、昔得意だったこと。
  • 絵がうまい人。
  • 歌が上手い人。
  • 面白い話ができる人。
  • 小説が書ける人。
  • ギターが弾ける人。
  • 表情が豊かな人。

ちょっとで良いので他の人ができないことがあれば十分です。いかにマネタイズするか、です。

あなたの周りに居ませんか?カラオケに一緒に行ったら「プロ並みやん!」って人とか。私は何人もそんな人知ってますよ。

 

当たり前のことですが、自分の常識は他人の常識ではありません。自分以外にはあまり知られていない希少価値の高い情報やスキルがあなたの中に必ず眠っています。

 

私がリハビリの臨床でお話しする機会の多い高齢者の方々も、「伝記書いたらええんちゃうの?!」ってくらい壮絶な経験をされてきた方(大正生まれの方なんてコンテンツの宝庫です。洋服がなかった時代ですよ⁉)や、俗にいう”おばあちゃんの知恵袋”みたいに素晴らしい知恵を持っておられる方もたくさんいます。

今はまだ難しいでしょうが、将来的には、65歳の定年(将来的には定年はオワコン化すると思いますが)を迎えても、自身の経験や知恵を販売して収入を得ている人が増えていると思います。

 

その頃には、簡単に動画をネットに投稿できたり、音声入力(声→テキスト)機能の性能も格段に上がっており、誰でも簡単に電子コンテンツや電子書籍を作成して販売できるようになっています。

これは最強の在宅ワークであり、最強のリハビリ(私の中では、ですけど)です。

満員電車に乗って出勤する必要もないし、無理に身体を酷使して労働する必要もありません。自分の出来ることを自宅で自分のできる範囲でやれば良いのです。

障害があっても、高齢で思うように身体が動かなくてもやり方によってはできる。

個人の独自デジタルコンテンツをメインに扱うECサイトが出てくる?!

今の楽天やAmazonなどのECサイトは、会社が出店していることが殆ど。しかし、「note」のように個人が自分の作品を売るECサイトが出てくると思います。これからは「一億総クリエイター時代」

「note」は私も使っていますが、こういった発想がないのか、現在は自分が探したい商品が検索できないのですごく勿体ないと思います。いち消費者としてはほとんど使えません。使い勝手が良くないので、どうしてもクリエイター側で利用するのみの使い方に絞られてしいます。

参考)ちなみに私が販売しているnoteはこちら全て公開!セラピスト×ブログ運営ノウハウ(またもやついでに宣伝をブチ込みました。)

 

noteも、もっとコンテンツを整理し、Amazonみたいにユーザーが知りたい情報を検索したら出てくる、という仕様にすれば良いのでは?と思っています。

もちろん、個人レベルのデジタルコンテンツの中には低品質な情報もあるでしょうが、ちゃんと考えてる人は、そんなもの売ってると信用が下がるだけで何の得もしないことが分かってるので、ほおっておけば勝手に淘汰されていくはずです。(SNSで一瞬で悪評が拡散されて終わります。)

これからは”思いやりのある人”がいつでも信用されるし、最後に勝つ。そういう世の中になっていきます。だって、みんな心ではそう願ってますものね。違いますか?

 

この前このようなツイートをしました。

私は、ネットで公開されている情報はまだまだ全然十分ではないと思っています。

今のネット情報はより大多数にリーチできるように一般化された情報ばかりです。個別性の高い、パーソナルな情報(個人を特定できるような個人情報のことではありません)はまだまだ少ない。でも、その情報を求めている人が必ずいるはずです。それも結構たくさん。

 

復業が一般化していく将来、 デジタルコンテンツを販売して、それだけの収入で生活するのではなく、あくまでお小遣い稼ぎ程度で始める人が増えると思います。年金の足しに・・とか。

実際月10万円も稼げれば生活が一変する方はたくさんいると思います。そして、それが精神的な余裕に繋がります。

消費的体験から投資的体験へ

デジタルコンテンツを自分で作ろうと思うと、ブロガーのように「日常生活の再利用」の意識が芽生えます。

つまり、ラーメン好きが美味しいラーメン屋を探して、ただただ食べまくる、という「消費的体験」が、体験を売るために、と意識することで生活が「投資的体験」に一変します。

これって人の幸せのためにかなり重要なことだと個人的には思っていて、消費的生活では、活動すればするほどマイナスに働きます。悪循環なのです。

「むしゃくしゃするから買い物でストレス発散だ!」って人は、自身の行動、つまり「買い物」に問題があると思って衝動買いを辞めようとしたりしますが、本質的な問題はそこではありません。

買い物などのただの消費活動でストレスが発散できる、と思っていることがそもそもの問題です。

 

ストレス発散に独自コンテンツを作るとか、自身の気持ちをブログで吐露する(読者に役立つ形で)、とかいう風に投資的活動でストレスを発散できるようにすれば、不快な気持ちや辛い体験でもプラスに変えていきやすくなります。

お金を得るために、という話だけだけではなく、自分の気持ちと同じ気持ちにある人を救うことができる可能性がある訳です。さらに、お金も得られれば、より精神的に満たされることも多々あるでしょう。

スポンサーリンク

販売ルートの問題は「小さいコミュニティを創る」ことで解消できる

デジタルコンテンツの販売は今後一般の人レベルまで浸透していくと思いますが、「販売ルートをどう確保するのか」という問題があります。

ネットでいきなり自分の商品を売り出しても、自分の家の前に店を出すようなもので、ほとんど人が集まらないし、まず売れません。

つまり、商品を作るだけではダメで、それを売る場所がセットで必要になります。人がある程度集まって、商品を置ける場所。

先ほどのように「note」みたいなプラットホームが必要になるということです。

 

私みたいに個人運営のブログを育てている人はそこで売ればよいですが、人口の95%以上(言い過ぎかな?)、ほとんどの人はそんなもの持っていません。

「パッと作ってパッと売る」ということができないととても普及はしないと思います。

 

私がこれに対して考えている対策は、「小さいコミュニティをネット上で作ること」です。人って、単純で安心できることが好きなので、黒か白か?みたいな発想になりがちで、デジタルコンテンツを売る場所も「ネット(めちゃめちゃ広大)か個人(狭すぎる)か?」みたいに考えてしまいがちです。

 

しかし、そんなにバカスカ売らなくても、ちょろっと売れればそれで個人レベルの収入の足しになります。(デジタルコンテンツは原価もコストもゼロですから、普通にやれば赤字なんて存在しませんので、ちょろっと売れれば黒字です。)

ならば、ネットと個人の間を取って、ネット上で小さいコミュニティを作ってそこで販売すれば良いのです。

 

ココナラ BASE noteなど、個人のコンテンツやスキルを売るプラットホームは今でもありますが、なんせ、誰か分からない顔の見えない一般の人から何かを買うのはすごく抵抗があります。

便利な世の中になった!と言われますが、実際はまだまだです。

 

私も利用したことがありますが、販売者の個人の方と話をしているとコロコロ値段が変わったり、相手をいまいち信用できないので、結局何も買いませんでした。笑

それだったら、普段からチャットグループみたいなコミュニティをネット上に作って、その上で普段からコミュニケーションを十分にとっておき、信頼ができる相手から購入する仕組みを作ればよいのです。

現在、未来のPTコミュニティ作成中です

で、今、そういった構想を実現すべく、「未来のPTコミュニティ」を作成中です。メンバーを11月中に限定募集します。

(LINE@で募集します。ご登録はこちらから 未来のPT「LINE@」始めるってよ。

 

Arth
未来のPT コミュニティ「Arth」

概要の一部はこんな感じ。

コミュニティ内では情報交換やコミュニケーションで築かれた信頼関係をベースに、「セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、柔道整復師、鍼灸師など)がネット上で販売する独自コンテンツが売り買いしやすい場所」を提供します。

つまり、セラピストにとって”お金の流動性の高い場”です。

ここではセラピスト(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)限定で私のブログの集客力や信頼を使っていただき、各々の独自コンテンツを売ってもらえるようにしています。

私はセラピストの勉強熱心さとか知識やスキルがもっと報われる世の中になって欲しいと常々思っていて、その知識やスキルをここで信頼できる人同士でやりとりしてもらおうと思っています。もちろん、”思いやり”をベースにした交流を通して。

 

お小遣いを稼ぎながら、自分でブログを育てつつ、デジタルコンテンツの作り方や売り方をみんなで学んでいける場所にします。ゆくゆくは自分のブログで商品が売れるようになってコミュニティを卒業してほしいと思っています。

 

形はいわゆるオンラインサロンみたいな形ですが、コンセプトはなかなかそこらにはない仕様に仕上がっていると思います。(手前味噌で申し訳ありません(;^_^A)

 

また、コミュニティをセラピスト限定にしているのも意味があって、私はゆくゆくは”私独自のリハビリテーションの形”として、社会貢献の事業をしたいと思っています。いわゆるソーシャルビジネスの形が近いですが、これも特にこれといったビジネスの枠を決めず、我流でやりたいと思っています。

儲けとかはブログやその他のところで稼いでおけば別に気にしなくても良くて、赤字にさえならなければOKだと思っています。

で、そのためには、ビジネスとかネットのことに詳しいセラピスト仲間がたくさん欲しいと思っています。なので、このコミュニティで皆さんと一緒に切磋琢磨して、ゆくゆくはそういったことができるようになりたいと思っています。

まとめ

最後はコミュニティの宣伝みたいになってしまいましたが、ブログもネットも凄く創造的な分野で、色々考えるのがすごく楽しいです。つらつらと書きましたが、まとめると「みんなこっちへおいで!!」と言いたいです。笑

それでは!

 

PS)

早速、この記事を「未来のPT LINE@」に登録して下さっている方に読んで頂いたところ、以下のようなご意見を頂きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは。

自分自身、老後の年金制度に対し、まったく期待ができず、不安と閉塞感を感じていたこともあり、クラウドソーシングや電子書籍の出版等、自分の能力を活かすコンテンツに興味がありましたので、西野さんの記事は非常にタイムリーでした!

コミュニティ非常に興味あります。

コメディカル専用のビジネスカレッジの趣がありますね(笑)。 
単なる仲良しクラブではなく、また一方通行で情報をもらうだけでなく、各々が知恵を出し合って皆がお互い高めあっていく感じで有用な印象を受けました。

これからは理学療法士も資格に安穏とせず、アンテナを張り、自立自助の精神で先手を打って行く時代。 
ネット上でも「理学療法士とは、こうあるべき」という人は多いですが、そういう発想からどれだけ自由かが、今後の展開の明るさに影響しそうです。 

今後も西野さんの情報、楽しみにしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

セラピストは今後、供給過多になります。

療法士業界の発展のためには、多くのセラピストの多様性を活かす方法を模索することが必須になってくるでしょう。その時に、今から自分の能力を活かす方法を学んでおくことは凄く有意義だと思います。

 

最後にもう一度だけ重要なことをお伝えします。

「自分にはなんの能力がない、武器もない・・」

そんなことは絶対にありません。あなたには、他者ではなく、あなたにしかできないことが必ずあります。

既存の、過当競争に飲み込まれるような選択肢を常に選んでいるのは、周りの友人でも、親でも、社会でも、会社でもありません。あなた自身です。これを、まずは認識することがスタートだと確信しています。

 

 

PS.2)

デジタルコンテンツの制作方法や販売戦略について、私は今この本を読んで勉強しています。自分の武器は何なのか、具体的に探す方法がわかりやすく書いてあります。

めちゃくちゃ最新(2017年9月5日発行)の良書だし、今なら送料の550円だけで購入できるので、興味ある方は是非!550円以上の価値は間違いなくあると断言できます。

「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」

 

 

 

スポンサーリンク

                          

次世代セラピストのためのコンテンツ集(画像をクリック)

『セラピストをリハビリテーションする”臨床の強化書プロジェクト”』

『情報発信スキルを育てる、セラピストのためのオンラインコミュニティ”アース”』

Arth2

『実績済み!セラピストの収入を劇的にアップさせる方法』

約20万PV/月のセラピストブロガー直伝のブログ運営術

詳細は画像をクリック

Twitterやってます!


「未来のPT」のLINE@は登録した?

LINE@バナー

関連コンテンツ

検索

コメントを残す