脳卒中のリハビリはどのくらいの期間必要?どんな流れでリハビリは進むの?

急性期病院でのリハビリ

脳卒中を発症すると、程度によって差はありますが、半身の運動麻痺、感覚障害、嚥下・構音障害などが出現します。

そのまま放置しておくと、二次障害である筋萎縮、関節拘縮、疼痛などが出現します。

そこで、多くの場合、発症後にリハビリをすることになりますが、一体どの様な流れで、どのくらいの期間リハビリを行うのでしょうか。

「脳卒中のリハビリはどのくらいの期間必要?どんな流れでリハビリは進むの?」の続きを読む…

リハビリは必要ない?!将来の脳卒中の治療法「iPS細胞による再生医療」

再生医療,脳卒中

脳卒中は脳細胞に損傷が残り、後遺症が残ります。

リハビリなどを行っても、「完全に後遺症が綺麗さっぱりなくなる」というのは現代の医療ではかなり困難です。しかし、今注目されている再生医療で、脳卒中が完治する日もそう遠くないかもしれません。

「リハビリは必要ない?!将来の脳卒中の治療法「iPS細胞による再生医療」」の続きを読む…

脳卒中の感覚障害と運動麻痺の関係「感覚が戻るのが先か,動くようになるのが先か?」

脳卒中の感覚障害と運動麻痺

脳卒中を発症された患者さんに、機能的に回復する段階として「感覚が先に良くなるのか?」それとも「動くようになってから感覚が戻るのか?」と聞かれることがあります。

「脳卒中の感覚障害と運動麻痺の関係「感覚が戻るのが先か,動くようになるのが先か?」」の続きを読む…

脳卒中片麻痺の「クロートゥ」の原因と治療法

クロートゥ

脳卒中片麻痺の方で、内反尖足に続いて多いのが”クロートゥ(Crow Toe)”です。

クロートゥでは、麻痺側の足の指がギューッと丸まってしまい、自力で伸ばすことができなくなってしまいます。

なぜこのような現象が起こるのでしょうか?またどのようにすれば治療できるのでしょうか?

「脳卒中片麻痺の「クロートゥ」の原因と治療法」の続きを読む…

脳卒中片麻痺の「内反尖足」の原因とガイドラインに基づくリハビリと治療法

片麻痺 立位

脳卒中片麻痺の特徴的な症状として”筋緊張の異常”が挙げられます。

その中でも歩行や立位などの抗重力位での動作に大きな影響を与える、”内反尖足”について、その原因と治療方法について詳しくご紹介します。

「脳卒中片麻痺の「内反尖足」の原因とガイドラインに基づくリハビリと治療法」の続きを読む…

脳卒中片麻痺の街中での歩行「エスカレーター・坂道・階段はどうやって歩いたら良いの?」

脳卒中 街中での歩行 エスカレーター

以前担当していた脳卒中片麻痺の患者さんから久々に連絡があり、「エスカレーターはどうやって乗ったらよいですか?」と質問を頂きました。

みなさんは、片麻痺の方がエスカレーターにどうやって乗れば安全だと思いますか?

今回は、脳卒中片麻痺の方が難渋しやすい場所での歩行の方法についてご紹介します。

「脳卒中片麻痺の街中での歩行「エスカレーター・坂道・階段はどうやって歩いたら良いの?」」の続きを読む…