未来のPT 『note』コンテンツ


セラピストのみなさんは、ただ今のままの働き方を続けて、将来給料が増えると思いますか?

私は難しいのではないかと思っています。

スポンサーリンク


個人で動ける今の時代に何を始めるべきか

今後、日本経済が縮小していく可能性が高いなかで、ほぼ診療報酬に依存している私たちの給料が増加する見込みはかなり少ないです。

じゃ、国や協会に働き掛けて私たちのリハビリの成果を認めてもらおう!そして診療報酬を上げてもらうんだ!なんて思ってる方も多いかもしれませんが、そんな周りくどいことをしなくても、普段臨床で使っている知識を一般の方に向けてブログという形で発信していくことで、ある程度の収入を得ることができます。

国を含む、大きな組織に認めて貰ったり、実際に動いてもらうためには膨大な時間と労力を要します。

しかし、個人でブログを始めれば、早い人なら1年とかで本業の給料とは別に、診療報酬が低下していくスピードよりも断然早く収入を増やすことができます。実際に私もそうでした。

 

  • ブログを始めても続かない?
  • 人に提供するほど価値のある情報を持っていない?

 

それはただの思い込みです。私もブログを始める前に同じことを思っていたのでよくわかります。実際は、

  • 始めてもいないのに続かないと思っているだけ。
  • 実際に行動をしていないから発信することが思い付かないだけ。

なのです。

 

とにかく、ブログを始めて、しばらく続けてみれば必ず何か掴めます。諦めるのはそれからでも遅くないと思いませんか?

ただ指をくわえて、言い訳をして沈むと分かっている船に乗っていることは、賢明な行動と言えるのでしょうか?

 

「そんなことはない。私は私なりにブログ以外の活動を続けている。」

と思う方もいらっしゃると思います。

 

専門資格を取って他のセラピストと差別化を図ったり、学会で発表したり、論文を書いたり、個人で開業するために準備を進めたり、業界の偉い人たちとパイプを作ったり・・・そういった活動を行っているんだと。

 

なら、なおさら”今すぐにブログを始めるべき”です。

 

今からブログで情報発信すれば、もし開業したときに効率よくお客さんを集めることもできますし、自身の一生懸命に研鑽してきた深い専門知識を一般社会に役立てて、さらに自身も広告収入が入ってくる可能性が高いのです。良いことしかありません。

2025年に向けて

2025年、高齢者の数が爆発的に増加すると同時に、ネットを使える世代の方が高齢者になります。それと同時に評価経済社会の追い風が吹き、個人主義がさらに加速しています。

 

これからは”個の時代”です。

テクノロジーの発達により、大企業にはできないことが、個人でどんどんクイックにできるようになります。

組織に属して働くデメリットを挙げればきりがありません。1円も利益を生まない生産性の低い書類を給料の発生する勤務中に何時間も使って書いたり、組織としての規律を守るために反省文を書かされたり、やる気のない人を何時間も使って教育したり・・・。

そのほか、理不尽かつ合理性を欠いた指示や命令に従わざるを得ないこともたくさんあります。それが組織のデメリットです。組織のように、人がたくさん集まると、社会的に大きなことをなし遂げることができる可能性が高くなる代わりに、そういったデメリットも必ず発生するのです。

 

今まではこれらはみんなに”常識”として受け入れられていました。我慢して、そこで一生懸命働くことが正しい社会人だと言い聞かされてきました。なぜなら、それしか方法がなく、そうやって受け入れるしかなかったからです。個人で稼ぐという選択肢を取ることが容易ではなかったのです。

今後はいずれ、個人でネットを活用していけば、そんな我慢をしなくても良い時代が必ずやってきます。

未来の楽しいセラピストの働き方

個人同士がネットを介して瞬時に繋がり、ユルく結束し、気の合う仲間とチームを組んでプロジェクトを進めていく時代に突入していきます。

実際に、私を含めた周りのセラピストも、すでに個人レベルでネット上でユニークな活動を始め、成果が出始めています。私の周りでは、すごく楽しくて、ワクワクするような出来事が日常的にたくさん起こっています。

 

私はブログで稼ぐ広告収入がどうとか、小さいことだけを言っているのではありません。

私たちと一緒に、今のうちにネット上で個人レベルの影響力を高めておけば、WEB上で色々な人と繋がり、リハビリ関連事業を展開したり、この先リハビリ業界をリードする存在になれる可能性があります。

 

そして、同時に、自身も収入を得ながら、一般の方々に役立つ健康や運動、リハビリの知識や技術の情報発信ができます。みんなが得をするのです。

是非私たちと一緒に、新しい取り組みを始めましょう。何も難しいことはありません。「ブログで記事を継続的に書くだけ」です。

 

・・・そうはいっても、この文章を読んで、実際に私のようにブログを始めてそれを継続できる人はごくわずかでしょう。恐らく全体の1割くらいでしょうか。でも、だからこそ、今、あなたが始める必要があるのです。

 

それ以外の「業界を良くするための活動」はあなたがやらなくても、他のみんなが一生懸命やってくれています。みんなと同じことをしても全体としての意味は薄いのです。あなたも埋もれてしまう可能性が高い。

あなたの職場で、

  • 「肩or股or足関節の専門家になる!」
  • 「将来自費で開業する!」

などと言っている人いませんか?(PTに多いかもしれません。)

こんなことはみんな簡単に思い付くことなので、業界全体として見れば、あなたがその分野のプロフェッショナルになる必要性は低いです。だって、ほおっておいても誰かがその分野の専門家として世に出てきて、一般の方に技術を提供し始め、社会貢献を始めるはずですから。

 

みんなが思い付かない、できるだけ個性的でユニークな情報をブログで発信していきましょう。あなたが好きな分野の専門家を”できるだけ自分勝手に”情報発信して目指しましょう。

それがあなたが楽しく幸せに働くために、そして将来、診療報酬が下がった未来で活き活きとセラピストを続けていくために必要なことなのです。

競争の少ない分野であなたが輝くことで、業界もより良く変化していきます。これからどんどん多様化するニーズを受け止めることができるようになるのです。

 

リハビリはプラットホームや病院、施設、在宅、施術院だけでしかできないことはありません。ブログで健康知識を発信し、それで生活が変わる人がいれば、それは立派なリハビリだと思いませんか?

垣根はどんどんなくなっています。

 

ハンズオンやハンズオフなんて関係ないし、そんなものは別にどちらでも構わないです。肩書や資格もそのうち関係なくなっていくでしょう。表面の形に囚われる必要は全くありません。

 

いつでも、いつまでも、本質的に重要なことはたった一つだけ。私たちセラピストの使命は、「人々の健康と幸せのために寄与すること」なのです。

複雑な時代だからこそ、常に本質を忘れないようにしなければなりません。枝葉末節に囚われて身動きが取れなくなってしまいます。

ブログはこれから必須のツール

「よし、ブログを始めてみよう!」と思う方はまずはブログの始め方をこちらに書いているので参考にして頂ければ幸いです。

 実積済みノウハウ濃縮!理学療法士・作業療法士のためのアクセスが集まるブログの始め方

 

「もうブログ始めてるよ!」って方は私のすべてのブログ運営ノウハウを以下に包み隠さず記載しています。今後さらにネットでアクセスを集め、セルフブランディングしていくための参考にして頂ければ幸いです。

セラピスト×個人ブログ運営ノウハウ『セラピスト×ブログ運営の方法』アクセスの集まる記事の書き方&収益化の具体的な戦略

したいことをする働き方『セミフリーランス』になる方法

『フリーランスなんて怖い、起業なんてリスクが高すぎる…』そう思いませんか?

私も全く同感です。

『リスクがほとんどなく、したいことをしつつ、固定収入がある。』そんな働き方を実践している私が、”セミフリーランス”になるための方法を記載しています。

サラリーマン+フリーランス!【セミフリーランス】という新しい働き方

普通の療法士がネットでの活動を初めて学んだことの集大成

「へっぽこ療法士」の記事はリリース3日で500回くらい読まれました。

へっぽこ療法士の僕が激動の3年間で学んだ大切なこと

 

今後もnoteコンテンツを追加していく度にこのページに追加していきます。

一緒に新しいキャリア・働き方を模索していきましょう!