プロフィール


はじめまして。ブログをご覧頂きありがとうございます。

「未来のPT」ブログ管理者のセミフリーランスPT(理学療法士)西野英行です。

 twitterアカウントはこちら

自己紹介

1981年生まれ、双子の弟。(兄は超理系、私は高校数学で挫折した超文系)

趣味は読書と子供と遊ぶことで、考えることと文章を書くことが好きです。

参考)私が好きな本たち

 

高校時代は音楽が好きで、バンドを結成し、音楽関係の仕事に就きたいと漠然と思いながら、テキトーに選んだ大学の法学部を受験、合格しました。

法律については少し興味があったものの(なんかカッコええやん?ってレベルですが・・)、1年目の頃に法律の過去の判例に習った判決の考え方に馴染めず、勉強にあまり身が入らなくなりました。

 

私は昔から創造的なことをするのが好きでした。

小さい頃からプラモデルを作ったり、絵を描いたり・・・自分で小さな世界を作り出すことが大好きでした。

法律の勉強にも創造的な要素を一生懸命自分なりに探しましたが、見つけることができませんでした。結果、全く勉強をせず、アルバイトをしながら友達と遊び呆ける典型的なお気楽大学生活を送ることになります。

アルバイトで消耗

当時、アルバイトはすごくたくさんやりました。

  • アパレルの販売業
  • 工場の流れ作業
  • 高級ホテルの室内清掃
  • 日雇い
  • 路上でIT機器の営業

etc・・

これは私の中の小さな社会実験であり、色んな業界を見て自分に合う業界を探そうと思ったのです。で、色々やってみた正直な感想は「どれもしんどいし、退屈でつまらないなぁ・・」でした。

 

ただただ、自分の時間を切り売りしている感覚。お金のために、生活のためにこんな退屈な労働を一生していかなければならないのか・・・と思うと、とても将来に希望なんて持てませんでした。

参考)当時の感覚をこちらの記事に書いています。たぶん共感できる人も多いはず。働いてお金を得るということ「900円の重みと永遠の5分」

 

結局、必要最低限しか働かないようになり、本当に貧乏な学生でした。(電車代を持っていなくて、家まで歩いて帰ったことも何度もあります。)

”人に触れる温かい仕事”がしたい

大学卒業後、定型的な法律の道に興味が無くなり、逆に不定形な、人と接する介護やリハビリの分野に興味を持つようになります。弁護士とか行政書士とか目指す友達もいっぱいいる中、私は法律学科を出て介護職の資格を取りに行きます。

なんか、法律と違って「あったかい感じ」がしたんですよね。介護とかリハビリって。人間臭いというか。そこに惹かれました。

 

その後、ヘルパー2級(現:介護職員初任者研修)の資格を取得し、福祉用具を必要な家庭に選んで配達する、「福祉用具専門相談員」として働き始めます。

 

しかし、福祉用具はいくら良いものを提供しても、お客さんの根本的な問題にはアプローチできません。お客さんの本当の心の奥の問題を解決することはできないと思ったんですね。私がお客さんのことを考えて考えて、心から話を聴けば聴くほど、それはもう確かなこととして私には感じられました。

 

お客さんは、福祉用具を使って生活を楽に、便利にしたいのではありません。身体の痛みを取ったり、身体機能が回復することを心の奥で強く望んでいたのでした。便利な福祉用具を探していたのは、あくまでその本当の願望を紛らわせるためだ、と私は感じました。

 

ならば、もっと直接的に人の役に立つ仕事がしたいと思うようになりました。後に、知り合いから理学療法士の仕事があることを聞き、専門学校に通い、無事に資格を取得します。この職業なら、悩んでいる人の根源的な問題を解消し、役に立てるかもしれない!と思ったのです。

理学療法士として働き始め、身も心もボロボロに

理学療法士になって、やっぱ勉強できる環境がええやろ、とめちゃくちゃ安易に回復期のリハビリ専門病院に勤め始めます。(当時はいつもこんな感じで何も考えていませんでした・・・)

と同時に、付き合っていた彼女と結婚。手に職持ったし、まぁ大丈夫やろと。

しかし、現実はそんなに甘くありません。

 

職場で鬼のようにしごかれ、身も心もボロボロ半年で体重が10㎏は減りました。ガリガリ・・・( ゚Д゚)

 当時の状況はここに詳しく書いています職場でいじめられていた,極貧で無能な理学療法士の話

今ではめっちゃ良い経験をさせてもらったと感謝すらしているのですが、当時は結構辛かったです・・・。普通に心療内科に行っていたらうつ病と診断されていたのでは?と思うレベル。(当時はそれどころではなく、行けてないですが。)

 

そんな中でも、奇跡のように嬉しい出来事が!自分に子供ができたのです。

出産の時に立ち会ったのですが、生まれた赤ちゃんの産声を聞いて「もう、これは禊(みそぎ)だ・・」と思いました。

(注:禊(みそぎ)とは、罪や穢れを落とし自らを清らかにすることを目的とした、神道における水浴行為。 不浄を取り除く行為である祓(はらえ)の一種とされる。)

当時、私は、皆の前で先輩や上司に叱れるのが怖くて仕方ありませんでした。

朝礼や会議の時は、できるだけ目立たないようにいつも誰かの背後に隠れていました。

挑戦することをできる限り避けていました。失敗して誰かに笑われたり、怒られるのが怖かったからです。

何でも人のせいにして、すぐに人を憎んだり、実力も実績も何もないのに、変にプライドが高かったり…。そんな自分に本当に嫌気がさしていました。

 

そんなダメな自分が、強烈な産声で消し飛んだように感じたのです。まるで悪い憑き物が落ちたかのようでした。

「出産」って、すごく神聖なものなんですね。私はただただ、赤ちゃんを抱きしめ、感動して涙を流しました。

子供が生まれるのと同時に、自分も一緒に「父親として」この世に新しく生まれ落ちたんだと思ったんですね。今までの自己中心的な自分は死に、新しい自分が産まれた気がしました。

月並みな表現ですけど「この子のためなら何だってしてやろう。どんな努力でもしてやろう。」とその時に覚悟を決めました。私の人生で初めて、今まで感じたことがない、心の奥底に力強い、決して消えない炎が灯った気がしました。

これが私の人生の大きな転機となりました。

とにかく、人生を変えたい

そして、まず、将来に絶望するしかなかった収入面をどうにかしないといけないと思い、とりあえず、片っ端から勉強のために本を図書館で借りて読みふけりました。(当時はお金がなくて本を買うのも厳しかったのです。)

読書をすればするほど、自分は恥ずかしいくらいに世間知らずだ、ということを痛感しました。

中でも一番印象に残っている本が、みなさんご存知の「金持ち父さん、貧乏父さん」です。

この本の内容はすごく衝撃的でした。私の人生を変えたと言っても良いです。資本主義のリアルが物語に沿って分かりやすく書かれていました。

「労働力(時間)をひたすら売っても、いつまでも貧乏なままである。いかに労働力という誰でも持っている資産にレバレッジを掛けていくか?それこそが”仕事”だ。」ということ。

まさしく、僕がアルバイトを通して得た見解と同じで、ただ、がむしゃらに働くだけだと人は幸せになれず、生活費を稼ぐための労働で人生が塗り潰されてしまう…そんなことが書いてありました。

この本を読んで、それまでお金や労働について一切真剣に考えず、30年も生きてきた自分に初めて気づき「よく今まで生きて来れたな(;^_^A」と心から思いました。

そこから、持ち前の粘り強さでコツコツ、ひたすら自分の考え方から何から、それこそ”ゼロベース”で見直し、徹底的に変えていきました。痛みを伴う「自分改革」を進めて行きました。

やがて、このブログを始めたりして、とりあえずお金を稼ぐことにフルコミットし、約2年経過した頃、年収は当時の2.5倍くらいに増えました。

ブログで人生が変わる

このブログを始めたのが2015年。

当時は本当に右も左も分からず、検索に引っかかる記事の書き方(SEO)を調べながら、最低毎日3〜4時間はブログ記事を書いていました。産まれたばかりの赤ちゃんをおんぶしながら記事を書いていたこともあります。

当然本業も行いつつ育児もしながらので、平日に私が使える時間はせいぜい3〜4時間。1日半歩でも今より前に進みたいという思いが強く、睡眠時間も削って書いていました。

本業の休憩時間にトイレで10分だけ…とウトウト眠ってしまったこともあります。(もちろん休憩時間が終わる頃にはちゃんと仕事に戻っていました。)

ブログを書きたいのに赤ちゃんが泣き止まず、私も一緒に泣きたい、もう泣き崩れたい気分になったことも何度もあります。

 

「今、自分の人生をどうにかして変えなければ、ずっと自分はこのままだ…。」

そう思うと、今すぐにでもなんとかしないといけないという焦燥感だけが先走って、すごく辛い気持ちになったこともあります。

でも、なぜかこれ(ブログ)は自分に合っている、とどこかで確信していました。どう表現して良いのか分かりませんが、確かにそんな感覚がありました。

私は高校生の頃から読書家で、特に昭和の文豪の小説が好きでした。

古本屋で数百円のボロボロの文庫本を買い、それをいつもズボンのポケットに入れて読んでいました。さらに童話の物語を自分で勝手に書いてPCに保存して楽しんでいたり、とにかく文章に触れることが大好きでした。物語を読むこと、書くことが大好きだったのです。

 

物語には必ず「文脈」が存在します。登場人物や全ての出来事は、文脈を作るために存在しているといっても過言ではありません。

絶対に感動する映画(そんなものがあればですが)を観ても、1シーンを観るだけだと絶対に人は感動しません。観ている人が主人公に感情移入する部分が必ずその前に文脈として存在しており、”向こう側”に引き込まれた後に感動するシーンが流れるようになっています。

つまり、人の心は必ず文脈の中でしか動かないものなのです。

文章を読んで文脈に触れると、自分の心が確かに動く瞬間を感じることができます。言葉を変えて表現すれば、それは私が生きていることを実感できる瞬間です。だから私は文章が好きなのでしょうね。

 

そんなことを続けながら、約2年後の2017年9月には、月間PV(ページビュー:ブログページの閲覧数)も、リハビリ系の個人ブログではかなりのものになりました。たぶんリハビリ分野の個人運営のものでは日本で1、2位を争うはず・・・だと思います。(自分で言うなw)

PV数
最高月間PV493,317。ブログの収益は本業の収入と同じくらいです。

本当にありがたいことに、

  • 歩行に関する書籍を出版したり、
  • 雑誌に寄稿させて頂いたり、
  • ブログ運営やキャリアに関するセミナーをやったり、
  • オンラインコミュニティを作ったり、
  • 記事広告を書いたり、
  • 業界で有名な方とお会いできたり、
  • 企業からバナー広告掲載依頼が来たり、
  • 異業種の人たちと繋がったり、
  • カッコいいセラピストブロガー仲間が沢山できたり、

ブログから派生した出来事や仕事が、私の人生を様々な面で信じられないくらい豊かにしてくれるようになりました。本当にブログを始める前と後では時間の密度が全然違って、自分がどんどん変化していくことを実感できるようになりました。

🔽出版した書籍

Amazon書籍レビュー

※大変有難いことに良い評価を頂いております。

 書籍一覧

これからやりたいこと

「未来のPT」というブログタイトルを掲げている以上、いつでも未来を見据える視点だけは絶対に忘れません。

今後も、専門職や資格を超えた幅広い視点を持って、好きで仕事を続ける人が増えるように活動していきます。

何でもボーダレスになっている世の中で私のような資格持ちや専門職は今後オワコン化(※終わったコンテンツ)していくと予想しているので、ブログでブランディングを高めつつ、ネットで独自サービスの作り方や販売の仕方をみんなで学んで、ブログとかリハビリとか資格とか、限定的な小さい枠に囚われずに生きていける人を増やす活動をしていきます。

セミフリーランスという働き方を広めたい

また、私は「セミフリーランスPT」という肩書きを掲げています。

2017年頃からネットでフリーランス(個人事業主)が流行っていますが、あれって結構大変だと思うんですよね。

収入も変動が激しいですし、体を壊して働けなくなったらワーキングプアどころではなく死活問題になってしまいます。また、1人で仕事をすることが増え、どうしても孤立しがちになってしまう側面もあります。

日本人にとって、フリーランスという働き方は実はあまり向いていないのではないか、と個人的には思っています。

そこで、私がお勧めするこれからの働き方が「セミフリーランス」です。

 セミフリーランス”について詳しくはこちら

 

組織に社員として属しながらベーシックインカム的に収入を得て、一方で企業に個人のブログやネットでの活動を認めてもらい、組織外で得た人脈・知識を組織に還元するという新しい働き方のスタイルです。

つまり、「正社員(or非常勤)+フリーランス(個人活動)」をする働き方のことをセミフリーランスと呼んでいます。

 

今まで、ブログなどの個人の活動は「副業」と呼ばれ、隠れてコソコソとするもの、という世間的なイメージがありましたが、2018年より政府も副業・兼業を普及促進しています。

副業・兼業推進
副業・兼業「解禁」ではなく、「普及促進」

人口と共に労働者も減っていくこれからの時代、企業と従業員が手を取り合って苦境を乗り越えていかなければ日本の将来はありません。個人戦も団体戦もできる”強い個人”になっておくべきだと私は判断しました。

 

収入面でも、本業の理学療法士の方は、給料の元となる診療報酬が下がれば徐々に下がっていきます。その間に、副業や兼業・複業を通して自分を外の世界で磨き、医療介護業界以外から自分で収入を得ます。こちらの収入は自分が頑張れば頑張るほど増えていきます。

私は、10年後には、副業・複業が本業の収入を上回り「本業が趣味」という状態を目指しています。

 

医療介護職の仕事って、本来は給料やお金を稼ごうと思ってするべきものではないと思っています。「やりたいからやる」という人だけが任意で参加すべき仕事だと思うのです。

社会的に「本業・副業」という括りがあるから、どうしてもそこから生活するだけの給料を得なければならない、という固定概念を生んでいる気がします。(昔は当たり前にみんな雑多な仕事をしていたのです。)

でも、この仕事が好きだから辞めたくない、という私みたいな人は沢山います。

 

ならば、個人で活動し、そこで充分な収入を得つつ、本業の方の給料は関係なく、ただ患者や利用者だけを見つめて仕事ができる環境にすれば良いと思うのです。

最終的には「お金なんて要らないよ!」と本心で言って、自分の家族も養いながら、笑顔でリハビリを提供できるようになりたいです。

最後に

最後に、私には「確実に何かを変えられる」という確信だけはありますだって、あんなにボロボロで惨めな自分でも、たった2年でここまで来れたのですから。持ち前の粘り強さで地道に、でも確かに1歩1歩前に進んでいきます。

 皆様の幸せな未来を心より願って、できる限りの力をこのブログに捧げます。

 どうぞ、宜しくお願い致します。

友だち追加

LINE@でコラムも配信中です。宜しければ友達登録をお願いします。

LINE@からメッセージを送って頂ければ、普通の友人・知人のようにやりとりもできます。お気軽にメッセージ下さい!( ^∀^)

 twitterアカウントはこちら