高齢者の定義は70歳。高齢者雇用問題とその今後「ネットビジネスで稼ぐ老後が来る!?」

高齢者定義70歳

高齢者になっても働きたいという人は、平成25年内閣府の調査では44%で、約半数の人が65歳以上でも働き続けることを望んでいるそうです。素晴らしいことですね。

「高齢者の定義は70歳。高齢者雇用問題とその今後「ネットビジネスで稼ぐ老後が来る!?」」の続きを読む…

高齢者の便利な屋外移動手段の考察「リハビリして歩けたら,また好きな所に行けるようになるのか?」

私は現在訪問リハビリを行っている理学療法士ですが、訪問リハを1年もやっていると、高齢者の屋外での移動手段って本当に限られているなぁ・・て思うんですよね。

「高齢者の便利な屋外移動手段の考察「リハビリして歩けたら,また好きな所に行けるようになるのか?」」の続きを読む…

心理学におけるラポール・ハイパーラポールとは?リハビリなどの人間関係で信頼を得るための技術

ラポールとは

社会生活を送る人間にとって非常に大切なのが、他者と「信頼関係を築くこと」です。

信頼関係の構築のことを心理学では「ラポール形成」と言われます。では、どうやってラポールを形成すれば良いのでしょうか。具体的に説明していきます。 「心理学におけるラポール・ハイパーラポールとは?リハビリなどの人間関係で信頼を得るための技術」の続きを読む…

生き残る療法士になるためには「再び感覚を取り戻すこと」

「生き残る療法士になれ」このような言葉が業界内で良く聞かれるようになりました。しかし、この言葉は同時に「生き残れない療法士を作れ」と言っているに等しく、私はあまり積極的に使うべき言葉ではないと思っています。

「生き残る療法士になるためには「再び感覚を取り戻すこと」」の続きを読む…

セラピストよ「書を捨てよ、町へ出よう」まずはもっと自分のダメなところを公言していこう

私は実習生の頃「分かりません」と言うと「調べてこい!」と言われるのが嫌で、「分かりません」と言うことができずに、何となく分かったふりをしてごまかす術を覚えました。

「セラピストよ「書を捨てよ、町へ出よう」まずはもっと自分のダメなところを公言していこう」の続きを読む…

地域高齢者の深刻な”生きがい喪失”問題・・社会問題解決に挑む「ソーシャルビジネス」とは?

社会の進化に伴い、一見すると社会はより便利に、より安全になっているように見えます。しかし、一方で課題もどんどんと増えています。貧富の差の世界的な拡大、貧困層の住むスラム街、ホームレス、子育て支援・教育、高齢者の孤独・疎外感、待機児童問題・・・。社会の中で政府も企業の力も及びにくい、そんな問題に挑む「社会起業家」と呼ばれる存在があります。

「地域高齢者の深刻な”生きがい喪失”問題・・社会問題解決に挑む「ソーシャルビジネス」とは?」の続きを読む…

リハビリはこれからどうなっていく?未来のリハビリテーションの形「地域リハビリテーション」とは一体なんなのか?

 例えば、リハにおいて「患者のQOLを考えることが大切」ということは学生でも分かっていることですが、本当に大切に考えて臨床に臨めている人って実は少ないのでは、と思います。

「リハビリはこれからどうなっていく?未来のリハビリテーションの形「地域リハビリテーション」とは一体なんなのか?」の続きを読む…