本当のワークライフバランスとは、”仕事の時間を減らすこと”ではない

政府主導の働き方改革の中でも、ワークライフバランス(仕事と生活の両立)という言葉が提唱されています。

また、それを受けてか、各企業のホームページを見ても「ワークライフバランスの支援」を掲げているところも増えてきました。

「本当のワークライフバランスとは、”仕事の時間を減らすこと”ではない」の続きを読む…

リハビリとセクハラ・冤罪「男性療法士が若い女性患者に接する時に気を付けたい4つのポイント」

リハビリ,冤罪,セクハラ

私は30歳代男性ですが、20代の女性のリハビリを担当した経験が何度かあります。

何かと物騒な世の中です。男性理学療法士が若い女性の担当になった時に注意すべき点をまとめました。

「リハビリとセクハラ・冤罪「男性療法士が若い女性患者に接する時に気を付けたい4つのポイント」」の続きを読む…

リハビリはこれからどうなっていく?未来のリハビリテーションの形「地域リハビリテーション」とは一体なんなのか?

 例えば、リハにおいて「患者のQOLを考えることが大切」ということは学生でも分かっていることですが、本当に大切に考えて臨床に臨めている人って実は少ないのでは、と思います。

「リハビリはこれからどうなっていく?未来のリハビリテーションの形「地域リハビリテーション」とは一体なんなのか?」の続きを読む…

療法士の専門性について「療法士に多い3タイプを分析!」どのタイプがこの仕事に向いている?

私は以前全く関係のない職業で正社員の仕事もしましたし、アルバイトで工場から日雇い、アパレル、ホテルなど10種類くらいの業種を経験してきました。

「療法士の専門性について「療法士に多い3タイプを分析!」どのタイプがこの仕事に向いている?」の続きを読む…

「子供がいて、家庭持ち、共働きしていない普通の理学療法士」でも、贅沢に幸せな生活を楽しむ方法と考え方

以前、家庭持ち、共働きでない療法士の生活について自身の経験を記事にしたところ、結構反響が頂けました。本当にありがたいことです。

でも、私にはあの記事で一つ書き忘れていたことがあります。「あまり収入が無くてもどうやって贅沢をするか?」です。今回は、前回の続編として、このことを書いてみたいと思います。

「「子供がいて、家庭持ち、共働きしていない普通の理学療法士」でも、贅沢に幸せな生活を楽しむ方法と考え方」の続きを読む…