「地域リハビリテーション」とは?地域包括ケアシステムとの違いは?

地域リハビリテーションとは

”地域リハビリテーション”という言葉をご存知でしょうか?在宅や地域で活躍したい医療従事者は知っておくと良い言葉です。また、地域リハビリテーションと混同されやすい”地域包括ケアシステム”との違いについてもご紹介します。

「「地域リハビリテーション」とは?地域包括ケアシステムとの違いは?」の続きを読む…

【体験談】理学療法士の訪問リハビリへの転職「働きやすくて給料が良い訪問看護ステーションの求人の選び方」

転職、訪問リハビリ

私は理学療法士として以前回復期の病院で5年働き、その後、訪問看護ステーション(訪問リハビリ)に転職しました。

結果、1年半程度で年収がおよそ2倍になりました。経験的に、転職は収入アップを図るには積極的に検討すべきだと思います。

「【体験談】理学療法士の訪問リハビリへの転職「働きやすくて給料が良い訪問看護ステーションの求人の選び方」」の続きを読む…

リハビリはこれからどうなっていく?未来のリハビリテーションの形「地域リハビリテーション」とは一体なんなのか?

 例えば、リハにおいて「患者のQOLを考えることが大切」ということは学生でも分かっていることですが、本当に大切に考えて臨床に臨めている人って実は少ないのでは、と思います。

「リハビリはこれからどうなっていく?未来のリハビリテーションの形「地域リハビリテーション」とは一体なんなのか?」の続きを読む…

リハビリでのQOL向上のために大切な「ICFの参加」ってどうやって評価するの?

ICF,参加,QOL

リハビリの最終的な目標は、可能な限り、患者さんのQOL(Qolity Of Life=人生の質)を高めることにあります。
人生の質は、心身機能や身体構造、活動レベルのみで決まるものではありません。
社会的存在である人として、どのように社会参加しているのかが重要です。

「リハビリでのQOL向上のために大切な「ICFの参加」ってどうやって評価するの?」の続きを読む…

新卒理学療法士がいきなり訪問リハビリに就職するのは、リスク管理ができないから辞めた方が良い?

理学療法士になって初めての就職先って迷いますよね。いくら人から話を聞いたり自分で調べても、実際の感じは働かないとわかりません。

そこで、今回は新卒で初めての就職先を訪問リハビリにするのは賢明でないのか?を実際に回復期病院と訪問リハビリで働いた経験のある私が考えてみます。

「新卒理学療法士がいきなり訪問リハビリに就職するのは、リスク管理ができないから辞めた方が良い?」の続きを読む…

「訪問リハビリとは?」実際に訪問リハビリを行っている理学療法士が詳しく解説します。

訪問リハビリ

今後、その動向がますます注目されている訪問リハビリ。

訪問リハビリでは、各家庭に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門家が患者さんの自宅に直接訪問してリハビリを行います。

「「訪問リハビリとは?」実際に訪問リハビリを行っている理学療法士が詳しく解説します。」の続きを読む…