股関節内旋の関節可動域訓練の意義とは?「介護者のためのリハビリ」という視点を持つこと

リハビリは誰のためにするものでしょうか?もちろん、基本的には本人(患者)のためであると思います。しかし、介護者のために行うリハビリも存在します。今回はそんな「介護者のためのリハビリ」という視点についてです。

「股関節内旋の関節可動域訓練の意義とは?「介護者のためのリハビリ」という視点を持つこと」の続きを読む…